外国人技能実習生受入れ支援

メール

ホーム > 外国人技能実習生受入れ支援 > 技能実習生の選考方法

技能実習生の選考方法

技能実習生の募集条件

受入れ企業様と同じ職種の経験者を、年齢、性別、経験年数等の要望にお応えして厳選募集致します。

写真1、第一次選考

応募者の学歴、技能、健康状態、家庭環境を調査し、技能実習生として適しているか、3年間の受入れ国での生活に耐えられるか、既往症はないかを見ます。

矢印

写真2、第二次選考

第一次選考で合格した技能実習生候補者から、書類選考及び筆記試験を行い受入れ企業様の条件に合う人物を厳選します。

矢印

写真3、第三次選考

希望に合う技能実習生を選べるよう、受入れ企業の担当者様による現地面接を行います。また、受入れ企業様の都合により現地面接ができない場合は当組合理事が代理で最終面接を行います。

 前ページ:技能実習生受入れの流れ次ページ:組合による監理

トップへ戻る

Copyright©Kansai Enterprise management Association all rights reserved.