外国人技能実習生受入れ支援

メール

Q&A

Q. 言語や生活習慣について問題はないのですか?

技能実習生は来日前に現地送出し機関の研修センターに入所し、約5ヶ月かけて日本語・日本の風習、習慣の研修を受け、入国後には専門用語、防災、防犯、法律等160時間以上の集合講習を終了し、各受入れ企業様に配属されます。

質問一覧へ戻る

Q. 技能実習生にかかる費用は?

送出し機関、受入れ企業様の地域、人数、期間等のケースによって異なります。詳細は直接お問い合わせ下さい。
【関連ページ→受入れに関わる費用

質問一覧へ戻る

Q. 技能実習生はすぐに受入れることができますか?

現地面接にて人選後、各受入れ企業様に受入れられるまで4~5ヶ月程度かかります。但し、入国管理局等の調整の為、遅れる事があります。
【関連ページ →技能実習生受入れの流れ

質問一覧へ戻る

Q. 技能実習生の病気や怪我が心配です。

万が一の病気や怪我に備え、健康保険に加え外国人技能実習生総合保険に加入しているので心配はありません。
【関連ページ →技能実習生の保険

質問一覧へ戻る

Q. 途中で辞めたりしませんか?

送出し機関において厳重な審査を行い、送出し国もしくは地方公共団体又はこれに準ずる機関から推薦状、所属企業から在籍証明書、技能実習生本人から誓約書をそれぞれ取り、身元保証もしっかりしております。したがって仕事がきついとか、他の良い条件があるとかの理由で中途退去したり、行方不明になる事はありません。

質問一覧へ戻る

Q. 住居・食事などは?

技能実習生受入れの寮施設はご相談の上、受入れ企業様でご用意して頂くことになります。(当組合も受入れ施設の準備をサポートします。)食事は技能実習生が自炊をします。
【関連ページ →技能実習生受入れの仕組み

質問一覧へ戻る

Q. 入国管理局等への手続きはどうすればよいのですか?

諸手続きは当組合が申請代行を致します。受入れ企業様には必要な書類、資料等をご用意して頂くことになります。
【関連ページ →技能実習生受入れの流れ組合による監理

質問一覧へ戻る

Q. 社員が誰一人保険に入っていないから技能実習生も入れなくていいでしょう?

技能実習生受入れ人数の基準は労働保険(労災保険・雇用保険)に加入している従業員数になります。従業員が一人も労働保険に加入していないと、従業員数が0人となり、技能実習生の受入れは出来ません。
【関連ページ →受入れ人数枠技能実習生の保険

質問一覧へ戻る

Q. 技能実習生は残業ができますか?

技能実習生は労働者のため、残業は出来ます。なお、労働法令の適用については、一般の日本人従業員と同様です。

トップへ戻る

Copyright©Kansai Enterprise management Association all rights reserved.