外国人技能実習生受入れ支援

メール

ホーム > 外国人技能実習生受入れ支援 > 技能実習生受入れの流れ

技能実習生受入れの流れ

1、導入決定・申込

導入を決定していただければ受入れの申込みに入ります。 職種・作業の確認・技能実習生に関する希望(必要とする技術・経験・年数、性別、年齢等)の確認を行い、送り出し国の政府直属の現地送り出し機関に連絡します。 「外国人技能実習生人選についてのアンケート」に記入します。

2、送り出し国での面接

面接写真送り出し国政府直属の送り出し機関により、企業の要望にあった技能実習生を募集の上、一次・二次選考を行い、受入れ予定人数の3~5倍程度に絞り込みます。候補者は送り出し国政府からの推薦を受け、身元も保証されています。

最終面接は受入れ企業担当者の方(又は当組合理事が代理)に直接候補者の面接をして頂き、技能実習生を決定します。

3、事前教育(約5ヶ月)

写真写真企面接通過者は健康診断を行い問題がなければ、日本語・技術教育訓練の強化研修を行います。

4、入国手続き

写真面接終了後、日本側での入国申請書類の作成及び入国管理局への申請を行います。(申請業務は当組合が行います。1.5〜2ヶ月後申請が認可)

申請が受理され入国許可が出るまでの間に、受入れ企業様には技能実習生の宿泊施設、生活用品の手配、書類作成へのご協力をして頂きます。 入国管理局の審査で約1ヶ月、送り出し国でのビザの申請に約1.5ヶ月かかり、面接終了から入国まで約5ヶ月かかります。

5、技能実習生受入れ準備

技能実習生の宿泊施設・生活用品の手配。(宿泊施設の手配は受入れ企業様と打合せの上、当組合が完全サポートします。※貴社の寮施設を利用される場合は除く) 当組合は受入企業の煩雑な管理業務を代行、企業担当者様の負担軽減に協力致します。

6、入国・集合技能実習

入国管理局から入国の許可が下りれば約1ヶ月で技能実習生が入国してきます。入国後一定期間、組合指導による事前講習を行い、日本語学習、日本の生活習慣の案内、公的機関の講師による講習会を行います。

公的機関の講師による講習

写真写真
  • 警察:交通課(交通マナー等)
  • 警察:刑事課(犯罪等)
  • 消防署(防火の説明・消火器の使用)
  • 市役所(ゴミの日及び分別方法等)
  • その他銀行システム等

7、受入れ企業様での技能実習スタート

事前講習終了後、受入れ企業様の技能実習カリキュラムに沿って現場での実務に移ります。当組合からも定期的に訪問し技能実習の進捗状況の確認を行います。


8、技能検定試験

写真写真技能実習10ヶ月後に技能検定試験を受験します。技能検定合格者は技能実習生(2号)に移行。


9、技能実習生

写真写真技能検定合格者は、習得した技能の習熟度を高めつつ、後輩の指導も行い、技能だけでなく職場でコミュニケーションのレベルアップも目指します。(2年間)


10、帰国

技能実習生(1号)で1年、技能実習生(2号)で2年を経て帰国し、習得した技術により、自国の発展に貢献します。

外国人技能実習生受入れの成功には、適切な制度の利用と、適切な人材の確保が重要です。

当組合では、送り出し国での人選から各種書類(出入国・更新・登録・保険)等の作成・申請や技能実習生の在日中の管理・指導等において独自のコンサルティング機能を加え、万全なサポートを致します。

 前ページ:受入れ対象職種次ページ:技能実習生の選考方法

トップへ戻る

Copyright©Kansai Enterprise management Association all rights reserved.