外国人技能実習生受入れ支援

メール

ホーム > 外国人技能実習生受入れ支援 > 外国人技能実習制度とは

外国人技能実習制度とは

諸外国の人材育成と企業・地域の活性化

外国人技能実習生受入れのメリット 外国人技能実習制度とは、生産技術・技能・知識を、企業実習を通して発展途上国の外国人に伝授、諸外国の経済発展を担う人材育成に寄与すると共に、企業と地域の活性化を図る事を目的とした公的制度です。

写真

外国人技能実習生の受入れは企業経営に様々なメリットをもたらします。

写真1、社内、職場の活性化

若い技能実習生を受入れることにより職場が明るくなり活性化が図られるほか、職場全体が「技能実習生に指導をすること」に誇りをもち、それが仕事にも良い影響を及ぼします。

写真2、企業経営・従業員の国際化

従業員が外国人技能実習生との異文化交流を経験することにより、社内の国際化が進むほか、将来中国、ベトナムなど海外に進出をお考えの企業には現地でのシミュレーションが国内で可能となります。

写真3、作業の効率化

技能実習生の受入れを契機として、受入れ企業様が自らの作業工程やマニュアルを見直すことにより、作業効率の改善が図れることがあります。

写真4、生産への貢献

技能実習生は技術、技能、知識を修得することを本来の目的として来日しており、技能実習1年目は教育・訓練に主眼をおいて実施すべきですが、実務を中心に生産活動に従事でき、企業の生産性向上に貢献するという側面もあります。

次ページ:技能実習生受入れの仕組み  

トップへ戻る

Copyright©Kansai Enterprise management Association all rights reserved.